見出し画像

【新刊出ました】リックソフトは、JiraとConfluenceのガイドブックを出しています。

2023年11月に、リックソフトの10冊目となるガイドブック「Confluence Cloud 管理者向け 入門ガイドブック」を発売しました!

リックソフトは、JiraシリーズやConfluence(アトラシアン製品)を利用する人向けのガイドブック(有償)を出版しています。紙のガイドブックはAmazonでも販売しております。pdf版もございまして、リックソフトから購入いただけます。

読者対象は一般エンドユーザー社員向けのもの・管理者としてアカウントおよびユーザーの制御・サイトの設計・統制をしている人向けのものがあります。

今回発売した「Confluence Cloud 管理者向け 入門ガイドブック」は、社内WikiとしておなじみConfluence(コンフルエンス)の管理者向けの一冊です。

Confluenceの「管理者」とは??

Confluence Cloudは10ユーザーまで無料で利用できる、気軽に始められるコラボレーションツールです。しかし、ユーザー数が50人、100人と増えていき、複数の部署で使うことになると、情報ガバナンスが課題になってきます

  • 売上、決算に関わる情報なので、閲覧権限を「経営管理部・財務部」の人と各部長・役員に限定したい。

  • 開発部が作っている製品仕様書に関する情報なので特定部署の特定の人に限定したい。

  • 登録できるユーザーを、アカウントとなるメールアドレスのドメインが一致する者に限定したい。

  • ある職位以外の人は、「ページの作成」はできるけれども「ページの削除」ができないようにしたい。

上の例を見て、「あっ、自分がやってること、”Confluenceの管理者”的なことだわ」と気づく人もいられるのではないでしょうか。

企業の情報ガバナンスにあたり、該当するユーザーひとりひとりに権限を与えるなど力技でなんとかするのではなく「ユーザーグループ機能」を使うなど、Confluence管理者向けの便利機能がたくさんあります。

どんな人にオススメ? 「Confluence Cloud 管理者向け 入門ガイドブック」

執筆を担当した小山さんに「読むべき読者像」を聞いてみました。

小山さん
「いろんな規模の”これからConfluenceを使っていこう”という組織にこそ使ってほしいです。

今の利用者は10人程度と小さいけれども、他の部署も使うようになって利用者が50人くらいという組織や、すでに100~200人使っているという組織の”管理者”の方に読んでいただきたいです。

ガイドブックなしでConfluenceを利用することはもちろんできますが、実は便利な機能を見逃しているかもしれません。ガイドブックでは、「自動化機能」など、「実はこんな便利な機能があるんだ」と読者を驚かせる機能と使い方も紹介しています。ツールの真の価値を発揮するためにも、ガイドブックをしっかり読んでほしいです!」

意図せずConfluenceの管理者になってしまった人へ

「Confluenceの管理は、ソフトウェアとしては難しくないツールです。それよりも、みんながConfluenceを使うか どう使うか、どう書き込んでもらい、企業の資産となるデータを蓄積させるかの”仕組みづくり”のほうに気を付けていただけるといいと思います!」

ほかにもあります!リックソフトのJira・Confluence「ガイドブック」

リックソフトがガイドブックを出版することになった経緯

小山さん
「十年以上前からリックソフトはJiraとConfluenceの宣伝と普及を目的として、無償で使い方を説明するセミナーやイベントをやっていました。その中で、”JiraとConfluenceのガイドブックを作りましょう”という話があがり、まずユーザー向けのガイドブックを作っていました。

読者やリックソフトのお客様のフィードバックから、”ユーザー向けも必要だけど、より高度な知識を必要とする管理者向けも必要だよね”という意見が出て、管理者向けのガイドブックも作るようになりました」

「Jiraの使い方がわからない」「Confluenceをもっと知りたい」というすべての人へ

現在、以下のガイドブックを販売中です。

  1. Jira Software Cloud ユーザー向け 入門ガイドブック

  2. Jira ユーザー向け 入門ガイドブック

  3. Jira Software Cloud 管理者向け 入門ガイドブック

  4. Jira 管理者向け 入門ガイドブック

  5. Jira Service Desk(Jira Service Management) 管理者向け 入門ガイドブック

  6. Confluence Cloud ユーザー向け 入門ガイドブック

  7. Confluence ユーザー向け 入門ガイドブック

  8. Confluence マクロリファレンス

  9. Confluence Cloud 管理者向け 入門ガイドブック

  10. Confluence 管理者向け 入門ガイドブック

クラウド版の画面は、細かいデザインは変わるけれど、開発元のアトラシアン社がデザインラインの方針をしっかりと定めているため、全体的な使用感は変わりません。安心してお使いください。


この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後までお読みいただき、ありがとうございます!「スキ」をいただくと社員の愛猫がランダムで表示されます。