見出し画像

ビジネス展示会のいま2022年夏(2年半ぶりに出展しました)

リモートワークが進みウェブマーケティングが主流になった今、「ビジネス展示会なんてオワコン」そんな風に思っていませんか。

リックソフトは2年半ぶりに、8月23-24日、東京ビッグサイトで開催された「DXPO」に出展してきました。note担当の堀田が展示会で見かけた「ユニークだな」と思った企業・展示の取り組みをご紹介します。

ペーパーレスもここまで来るか!--atenaさん


入り口すぐそこでブースを展開していた「atena」さん。会社に来る郵便物をスキャンし、クラウドストレージに保存してくれるというサービスを提供しています。その時点で「リモートワーク時代ならではだな」と感じました...、が目を引いたのはこの展示!

”SDGsの観点からパンフレット類の配布は行っていません”

ペーパーレスを極めたらこうなるのか...と震えました。

みなさんおそろいのアロハシャツ♪--ケイズコーポレーションさん

ブルーのアロハシャツ、会場外でも目立っていました

会場でひときわ目をひいたのは、アロハシャツのこの集団。休憩時間でも目立ちました。Salesforce導入支援のケイズコーポレーションさんです。

社員さんのユニフォームが、なんとアロハシャツ!

「今回の展示会でどの企業様も着ていなさそうなユニフォームは何か?を考えたときに社内からアロハシャツ案が出まして、決まったという流れです。弊社内で一からデザインしたオリジナルの渾身のユニフォームですので、現地で目立っていたのであれば幸いです!」

と担当の高瀬さんが笑って答えてくれました。

PS5が当たる大抽選会を展示会で開催--メタップスさん

なかなか手に入らないPS5が、そこに!!

メタップスさんは外れナシの抽選を行っていました。3等は同社オリジナルバッグ、2等は保冷炭酸飲料ボトル、そしてなんと1等はPlay Station5!!

「弊社のターゲットは情報システム関連の仕事をなさっている方。希少性が高く喜んでいただけるものを景品にしました」とのことでした。

リックソフトのブース&来場者の感触

「りっくまチャンネル」をずっと流していました

リックソフトのブースでは情報共有ツールのConfluence, タスク管理ツールのJira Work Management、そしてSlack導入支援サービスを紹介しておりました。

日本国内でSlackの導入支援を提供している企業はたった3社。そのうちの一つがリックソフトです。

あまり聞かないサービスなので、「Slack導入支援なんてあるんだ!」と興味を持っていただける方が予想以上に多かったです。

*こちらの記事は、弊社の導入支援を利用いただいたソウルドアウトさんのユーザー(一般社員)目線事例のインタビュー記事です。

BtoBのビジネスではデジタルマーケティングが主流になってきたといえど、ビジネスマンの中には、抱えている課題を言語化ができていない方も少なくありません。

課題解決意識がかなり高い方ならば、課題の言語化→情報収集→キーワードから検索などしてツールの選定…という流れができます。でも、「何が問題かわからない」という状態だと、ツールを探すためのキーワードもわからない状態です。

「世の中にどんなITツールがあるのか知りたい」
「どんなツールがどんなふうに仕事をよくしてくれるのか知りたい」
そんなニーズが来場者から感じられました。

リックソフトは2022年10月26日~28日、幕張メッセで開催されるJAPAN ITWEEK秋,2023年1月18日~20日にインテックス大阪で開催されるJAPAN IT WEEK 関西にも出展予定です!

課題を言語化できない方も、まずお話できればと思っています💛


この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後までお読みいただき、ありがとうございます!「スキ」をいただくと社員の愛猫がランダムで表示されます。